コレクション

2015年5月31日 (日)

P.P.PUDDINGさんのウェブSHOPにナックルベアロボがっ!

先日の詐欺被害については、
楽天、警察、銀行に連絡の上、銀行の対応待ちということになりました。
ご心配をおかけした方々、スイマセン。
どちらにしても、少しでも安く買いたいと思ったわたしがバカでした。。。

さてさて、以前の記事に書いた
Img_6924
TOUMAさんとP.P.PUDDINGさんのコラボ
「ナックルベアロボ(茶)」が
少量だけカート出品されてました。
わたしはたまたまカートを覗いただけでしたが
めちゃうれしいかった。。。

買い逃した方はぜひ。。。
(って、またkouさんの画像を借りてたりして。。。)
あっ!kouくん、お誕生日おめでとうございます。
今度おいしいものごちそうします!約束っ!

2015年4月13日 (月)

コレクター泣かせ

コレクターならシリーズものを全部集めたいという欲求が
あるのは必然なのです。

・・・今回は買いさえすればコンプリートできると思っていたのですが、
どうやら『TONY STARK』というイベント限定版があるとのことを知ってしまったので。。。

香港限定300体。。。

ひと昔なら、海外オークションで少しお金を出してでもと
探して意地でも入手した頃もありましたが、
なかなかそういう余力も財力もなく、
今回はコンプは諦めて画像を見て満足することにしました。

全部買う⇒欲しいものだけ選んで買う⇒最初からあきらめる
(思考の段階的変更により、欲求のストレスを抑える)

全部そろわないなら、すでに予約しているものはキャンセルして
主人公たちだけ選んで買うという手段も取れるので、
それで満足することにしましょう、うんうん(涙)

あ、そういやMAOCATガシャもちょうど中国にいたときに
ワンピースコラボが発売されたので、購入ができず、
全部買う⇒最初からあきらめる
という思考の変換を実行した記憶があります(笑)

人間って不器用な生き物だね。。
あ、わたしがわがままなだけか。。。

2015年4月12日 (日)

ブックリップ

TOUMA師匠のFacebookより

1781308_1133082943384492_2011714019
©TOUMART

5月にTAKARATOMYARTSさんより
本のしおりとなるTOUMAさんデザインの
ガシャアイテムが発売予定!
本の背表紙にしおりのように取り付けることが可能で、
背表紙に取り付けた状態で尻尾を引っ張れば本棚から
本を引っ張り出すということも可能!!
これっかわいいっ~~っ!!

そして現在TOUMART ネットショップより
現在台北で開催中のイベント
DOKUTOKU460×TOUMA EXHIBITIONにて
記念発売されている
GOLD DRIFT版ナックルベア、
PICO MAO CAT、
PICO HITCH BEAR
の3種が発売されております。
3a1cf1e2351e023dc7936980fcf5ecc5 7b2e44682366a91ec596d5cab68def2e 6ee4d4cd47a80983019c0c5fcacbd654
きれいなゴールドカラーですよ~!!

2015年4月11日 (土)

TOUMA作品メモリーズ 第二回目

TOUMAさんはすでに膨大な数の作品を世に送り出しており、
みなさんが知っているものから、ファンが存在さえ知らない海外品まで様々です。

≪TOUMA作品メモリーズ≫
前回の第一弾 『Touma x Play Imaginative Little Trickers Series 1』に
引き続き、第二弾は

『剛剛(ガンガン) ぬいぐるみ』
A797d40097fc9f73f66facc6194098a44c3
をご紹介いたします。
※ぬいぐるみのことをプラッシュというらしいですが、
素人でもわかる言葉に置き換えさせていただきました。

発売時期;2007年頃
発売メーカー;Play Toys
参考価格;2100円(発売国や店舗により若干小売価格が異なります)
2015年現在購入難易度;Eランク(One up.さんのネットショップ等で購入可能)

「ホワイトxブラック」通常カラー
「イエローxブラウン」
「バレンタインピンクxホワイト」
F0010033_13143796

「グレーxブラック」One up.Exclusive Color
Tgan1
左がOne up.Exclusive Color、右が通常カラー

合計4種類のカラーバリエーションで発売された
ぬいぐるみですが、首が動く、腕も動くということで
いろんなポーズとらせることが出来、非常に遊べるぬいぐるみでした。
また、ぬいぐるみ的な丸みがある割には
TOUMAさんのらしさを備えた作品と思います。
サイズ的にもスカットルと同じくらいなのでいい感じです。

当時はNTTドコモ公式サイト「プレイトイズ」との連動した商品でした。
どういう風に連動していたのかは分かりませんが。。。

Dsc00650
ちなみにこれは超レアな画像だと思います。
わたしが初めて生TOUMAさんと出会った
デザインフェスタで撮影した画像で剛剛の白黒が反転した
試作品が写っておりました。

Dsc00651
龍龍(ロンロン)に乗る剛剛(ガンガン)。

龍龍というキャラクターは中華風のドラゴンですが、
画像がどこかにいったので、また探しておきます。

剛剛自体はTOUMAさんの初期の頃の作品ですが、

TOUMA作品メモリーズの
数あるパンダキャラクターの中でもわたしが大好きなデザインです。
丸みを帯びつつ、TOUMAさんらしいエッジの効いた部分も
同居していて、また剛剛は素人でもイラストが描きやすい(笑)。
第一回≪TOUMA作品メモリーズ≫でご紹介したリトルトリッカーズで見事に
復活も果たしてました。また別のタイミングでも立体ソフビ化など
ぜひ復活して欲しいキャラクターです。

なお剛剛ぬいぐるみはネットで探せば、One up.さんも含め
今でも購入できるお店があるので、ぜひこれを機に
お持ちでない方は集めてはいかがですか!

剛剛オマケ画像
D3154

Idk_image Idk_image1
©TOUMART

さてさて、第二回目の≪TOUMA作品メモリーズ≫の
『剛剛(ガンガン)ぬいぐるみ』
はいかがでしたでしょうか?

次回、第三回目は
『GABULIN(おとなのカイジュウプロジェクト)』
を予定しております。こうご期待!

2015年4月 4日 (土)

TOUMA作品メモリーズ 第一回目

台北にて二人展”DOKUTOKU460xTOUMA exhibition”が
絶賛開催中ですが、簡単には行けないこともあり、ブログのネタを考え中。。。

どうやったら
昔からのTOUMAファンの方にも、これからのTOUMAファンの方にも
どうすればTOUMAさんの魅力を伝えられるか考えた末、
こういうことを書こうと考えました。

“過去に発売されたTOUMAさん作品の紹介&裏話やイチファンとしての感想!”

題して

≪TOUMA作品メモリーズ≫

TOUMAさんはすでに膨大な数の作品を世に送り出しており、
みなさんが知っているものから、ファンが存在さえ知らない海外品まで様々です。
そんな作品の数々をウンチクを交えながら不定期で紹介し、
改めて興味を持っていただけたらとか考えます。
(なお、あくまででわたしもイチTOUMAファンなだけで、業界の人ではないので、
内容が間違っている場合がございます。その際はご面倒をおかけしますが、
都度ご指摘いただけましたら幸いです。)

で、第一弾の今回は、

『Touma x Play Imaginative Little Trickers Series 1』
10041550xlittletrickersheader
を取り上げたいと思います。
ちなみにどの作品を取り上げるかは毎回わたしの思いつきです、スイマセン。

発売時期;2009年末~2010年1月頃
発売メーカー;Play Imaginative(シンガポール)
参考価格;1000円/1箱(発売国や店舗により若干小売価格が異なります)
2015年現在の入手難易度;Bランク(海外オークションなどでバラ購入可能)

シリーズ内容;
<Series 1>
ナックルベア 
ヘルハウンズ
MAOCAT
アニバルーン 2カラー
剛剛(ガンガン) 2カラー
ヘルハウンズ
スクイーゼル 3カラー
グラビット 3カラー
ボンガコンガ 
スカットル 2カラー
Littletrickers

通称「リトルトリッカーズ」。
手のひらサイズにディフォルメされたナックルベアや、
MAOCATなどのTOUMAファンにはおなじみのキャラクターから
なかにはボンガコンガや剛剛(ガンガン)など、
往年のファンにとってもわたしにとってもツボを突くアソートだったのですが、
2008年夏の発売予定のハズが遅れに遅れ。。。。
(構想段階から考えるとさらに発売時期がずれたと想像します)

箱買いすると全種類が揃うということで1箱買いしたのですが、
(2万円近くになりました。。。)
腕とか足とかがクルクルと動きそうな感じだったのに、
接着剤でガチガチに固められていたで、
ことの顛末はTOUMA師匠によると
「元々のシリーズコンセプトが、TOUMAオリジナル素体を作って
その素体にTOUMAキャラのパーツをつけて
いろいろなキャラクターに化けさせるというのがコンセプト」
でしたが、
「生産費の削減とかいろいろな問題から
まったくの固定フィギュアになり、
パーツの組み換えもできなくなった」
と、いうことみたいでした。

さらにTOUMAさんからむかし直接聞いた話だと、
TOUMAさん側がOKも出してないのに発売されてた、とか
言っても修正がなされない、PLAY社側からの連絡が無さ過ぎた、とか。。。
なんともアーティスト泣かせの難しい問題があったみたいです。
ゲッフンっ。

Little_trickers570
元々のコンセプトが生きていれば
かなりカチャカチャと組み替えて遊べる作品になったであろうなので
もったいないです。特にこのディフォルメ感は
わたしにとっても絶妙でかなり好みだったので。

さらに残念だったのが、第二弾(Series 2)の発売も予定されていたみたいですが
(TOUMAさんのイラストが存在し、
Series 2の予告キャラクターイラストが掲載されてました)
日の目を見ることはありませんでした。
第二弾のラインナップにはGOONも入っていたので、
王国の国王もさぞ残念がっていたことだと想像します。。。

またスノウトやタロンズなどのオールドファンもウハウハ喜ぶ
内容だったので第二弾をぜひ見てみたかったです。
ちょいと海外品でお値段は高かったですが、今考えても、非常に惜しいというか、
第一弾で終わったのがもったいない作品だったと思います。

なお、Series 1発売数か月後に「ガンメタリックバージョン」なる
メタリックブラック色の素体が世界限定450セットが発売されましたが、
わたしは購入できませんでした。
10260550xlittletrickersmetalheader
(世界限定って、多いか少ないのか全くわかりません。。。)

さてさて、そんな第一回目の
≪TOUMA作品メモリーズ≫でしたが、いかがでしたでしょうか?

第二回目は

『剛剛(ぬいぐるみ)』

を予定しております。このへんのチョイスの渋さ・・・というか、
テキトーさはわたしらしいと諦めてください。

なお、この≪TOUMA作品メモリーズ≫のブログネタとして良いところは
わたし以外にもそれぞれの作品に詳しい“プロ級”ファン仲間がいるということ。
・・・ん、良いこと思いついたっ!
彼らに記事を寄稿してもらおう、うん、ぜひそうしよう!

と、いうわけでさっそく予告っ!
第5回目に『TOUMA x Kidrobotコラボミニフィギュア“Evil Skaters”』
を、エビルスケーターマニアのKouさんがご紹介いたします!

第6回目に『Mr. Patriot』をファンの重鎮、TKCさんがご紹介します!

第8回目に『miniGOON』を王国の国王がご紹介いたします!

フフフっ、先手を取った無茶ブリ・・・(笑)
下打合せ無しでフってやった。。。
でも、まあこの方々なら簡潔に400字詰め原稿用紙2枚くらいで
作品内容と感想をまとめてくれることだろうと思います。
人の手を借りてブログの記事を埋める・・・ク~~、我ながら良いアイデア。。
(いきなり、国王に”GOON”を、TKCさんに”デストドン”をフラなかった辺りが
わたしのやさしさなのですが、いずれキラーパスしてやる。。。)
気になるのはTKCさんは仕事が激務だからこのブログを見てるかどうか。。)

なお逆に、「わたしがあのTOUMA作品を紹介するわっ」
という素敵な御仁がいらっしゃいましたらぜひTOUMA飯店までご連絡を!
報酬はありませんが、名誉と栄誉とTOUMAさんからお褒めの言葉をもらえるよう
御願いしてみます。。
(どう、北海道の人っ!、青森の人っ!、愛知の人っ!)

では第一回目の≪TOUMA作品メモリーズ≫はこのへんで!
再见!

フォト
無料ブログはココログ
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック